FC2ブログ



TOP > CATEGORY > スポーツ
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ミキティ&真央に臨時ボーナス!?  

2007年03月29日 ()
美姫&真央に臨時ボーナス!橋本会長示唆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000018-sanspo-spo


あれだけの頑張りを見せたのだ。あれだけのスケートファンを増やしたのだ。選手に還元して欲しい。今までのスケート連盟ではなく、選手とファンにやさしい連盟に生まれ変わって欲しい。



3月29日8時1分配信 サンケイスポーツ


 ミキティ&真央に臨時ボーナス!? 日本スケート連盟の橋本聖子会長(42)が28日、先の世界フィギュアスケート選手権で金メダルを獲得した安藤美姫(19)=トヨタ自動車、銀メダルの浅田真央(16)=愛知・中京大中京高=と高橋大輔(21)=関大=への特別報奨金を検討することを明らかにした。

 「規定にはないが、個人的には今の規定でいいのかと思う。視聴率もすごいし、あれだけ選手が頑張ったのだから」

 同連盟の規定では五輪メダリストへの報奨金制度はあり、昨年のトリノ大会で金メダルの荒川静香にも200万円が授与された。ただ、世界選手権に同様の規定はない。この日の理事会では議題に上らなかったが、沸騰するフィギュア人気に押される形で、橋本会長はボーナス制度導入を前向きに検討する。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.29(Thu) 11:46] スポーツ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


来年の北京五輪を目指せ!! 

2007年03月29日 ()
北島無念5位…リソゴール、ハンセンに完敗-男子50平
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000012-sanspo-spo



 エースいう重圧に負けてしまったのか。相当悔しかったようである。悔しさは、力になる。来年の北京オリンピックで、悔しさを晴らして欲しい。しかし、オーストラリアの干ばつが深刻な問題だ。環境問題についてもっと真剣に考えなければならない。


3月29日8時1分配信 サンケイスポーツ


 【メルボルン28日】世界選手権第12日(28日、豪州・メルボルン)アテネ五輪男子平泳ぎ2冠で日本のエース、北島康介(24)=日本コカ・コーラ=が50メートル平泳ぎ決勝で28秒10の5位に沈み、競泳初日から3日連続で続いていた日本のメダル獲得がストップした。日本の柴田隆一(23)=チームアリーナ=は5位に終わった。

 電光掲示板をぼう然と見上げた。北島の顔がみるみる青ざめていく。5位に沈んだ日本のエースは「チャンスはかなりあった。悔しいっす。むかつきますね」。表彰台を逃し、肩を落とした。

 スタートの反応は8人中2番目に速かった。だが50平の世界記録保持者リソゴール(ウクライナ)、宿敵ハンセン(米国)に引き離される。タイムは28秒10。前日の予選(27秒97)、準決勝(27秒89)よりも遅い。しかも26日の100決勝は自身初の27秒台(27秒79)で前半50メートルを折り返していた。“普通に”泳いでいれば銅メダルだった。余計に悔しい。

 世界選手権で01年福岡大会の200平から獲得していたメダルは6戦連続で止まった。今大会初日から続いていた日本のメダルも4日目でストップ。50平は五輪種目ではないとはいえ、来年の北京五輪前に宿敵ハンセンをたたく絶好の機会でもあったが、これでアテネ五輪後の決勝対決は5戦5敗。北島は「悔しい」を連発した。

 残るは29日に始まる200平のみ。雪辱に燃えるエースは前を向いた。「200では気持ちを切り替えて予選からいい泳ぎをしたい」。今年1月の米アリゾナ州の高地合宿から、200平を主眼に置いて伸びのあるストロークを作り上げてきた。スピード練習は今大会前に少しやっただけ。50平の敗戦を気にする必要はない。今度こそ勝つ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.29(Thu) 11:12] スポーツ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


桑田投手から学ぶこと 

2007年03月29日 ()
<桑田真澄>「終わったかな」負傷時の心境明かす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000024-mai-spo


結果なんてどうでもいい。桑田投手の野球に取り組む姿が好きなだけなのだ。どんな姿でも、カッコいいと思う。ただ、自分の納得がいくまで、頑張って欲しいのだ。桑田投手から学ぶことは多い。




3月29日9時57分配信 毎日新聞


 【ブラデントン(米フロリダ州)高橋秀明】米大リーグ、パイレーツのキャンプに、マイナー契約の招待選手として参加している元巨人の桑田真澄投手(38)は28日、試合中の右足首ねんざで病院へ運ばれた後、初めて報道陣の取材に応じた。桑田は26日にけがを負った瞬間の心境を「終わったかな、という気持ちがあった」と話し、メジャー挑戦を断念することが頭をよぎったことを明かした。
 桑田は今後、マイナー選手の身分のままでリハビリを続けた後、傘下の3Aでメジャー昇格を目指すことになった。
 桑田の一問一答は次の通り。
 ――右足首を負傷した直後は、どんな思いだったか。
 足首の感覚がなかった。(足首が)なくなったかと思った。自分で足首を戻そうと思っても戻らなかった。「もう終わったかな」という気持ちがあった。手術が必要だと3、4カ月かかる。そうすると、(1年契約の)今年が終わってしまうから、検査が済むまで不安だった。
 ――投球開始まで4~6週間と診断されたが。
 骨に異状はない。筋肉とじん帯も手術の必要がないと分かった。今日から練習を再開した。少しキャッチボールもしたし、明日からもできる限り練習したい。
 ――痛みはどの程度か。
 痛くて、なかなか歩けない。体重がかけられない。
 ――ブラデントンでリハビリ後、インディアナポリスの3Aに移るということだが。
 こちら(ブラデントン)の方が暖かいので、回復が早いだろうということでそうなった。人生は選択の連続。実戦感覚から離れてしまうので、こっちでも何回か投げたい。
 ――メジャー昇格が遅れることになったが。
 (昇格の)早さを競っているわけではない。自分の目標を立てたわけだから、それに向かって最善の努力をしたい。
 ――実戦復帰の見通しは。
 まだ走れないから計算できない。
 ――体のケアを入念にしてきたにもかかわらず、アクシデントに見舞われた。
 野球も人生も一緒。何が起こるか分からない。これをプラスに変えていくことが大事。何とか、もうひと踏ん張りしたい。
 ――メジャーのキャンプを振り返ってみて。
 非常に充実していた。(打者を)抑える感覚をつかめてきた。これからが楽しみ。「この投球をすれば」ということがインプットされている。
 ――三塁ベースの付近で球審と接触したことは想定外だったか。
 (ベースの)カバーに行く時は、必ずボールを見ながら塁審がどこにいるかを視界の中に入れているが、まさか後ろから(球審が)来るとは思わなかった。(当日は審判3人制で、球審が三塁上の判定をしていたが)そこまで気づかなかった。注意力が足りなかった。
 ――日本のファンに向けて。
 早く復活できるように、頑張る。それだけ。また何か、いいことがあるだろう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.29(Thu) 11:01] スポーツ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


桑田投手から学ぶこと 

2007年03月29日 ()
<桑田真澄>「終わったかな」負傷時の心境明かす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000024-mai-spo


結果なんてどうでもいい。桑田投手の野球に取り組む姿が好きなだけなのだ。どんな姿でも、カッコいいと思う。ただ、自分の納得がいくまで、頑張って欲しいのだ。桑田投手から学ぶことは多い。




3月29日9時57分配信 毎日新聞


 【ブラデントン(米フロリダ州)高橋秀明】米大リーグ、パイレーツのキャンプに、マイナー契約の招待選手として参加している元巨人の桑田真澄投手(38)は28日、試合中の右足首ねんざで病院へ運ばれた後、初めて報道陣の取材に応じた。桑田は26日にけがを負った瞬間の心境を「終わったかな、という気持ちがあった」と話し、メジャー挑戦を断念することが頭をよぎったことを明かした。
 桑田は今後、マイナー選手の身分のままでリハビリを続けた後、傘下の3Aでメジャー昇格を目指すことになった。
 桑田の一問一答は次の通り。
 ――右足首を負傷した直後は、どんな思いだったか。
 足首の感覚がなかった。(足首が)なくなったかと思った。自分で足首を戻そうと思っても戻らなかった。「もう終わったかな」という気持ちがあった。手術が必要だと3、4カ月かかる。そうすると、(1年契約の)今年が終わってしまうから、検査が済むまで不安だった。
 ――投球開始まで4~6週間と診断されたが。
 骨に異状はない。筋肉とじん帯も手術の必要がないと分かった。今日から練習を再開した。少しキャッチボールもしたし、明日からもできる限り練習したい。
 ――痛みはどの程度か。
 痛くて、なかなか歩けない。体重がかけられない。
 ――ブラデントンでリハビリ後、インディアナポリスの3Aに移るということだが。
 こちら(ブラデントン)の方が暖かいので、回復が早いだろうということでそうなった。人生は選択の連続。実戦感覚から離れてしまうので、こっちでも何回か投げたい。
 ――メジャー昇格が遅れることになったが。
 (昇格の)早さを競っているわけではない。自分の目標を立てたわけだから、それに向かって最善の努力をしたい。
 ――実戦復帰の見通しは。
 まだ走れないから計算できない。
 ――体のケアを入念にしてきたにもかかわらず、アクシデントに見舞われた。
 野球も人生も一緒。何が起こるか分からない。これをプラスに変えていくことが大事。何とか、もうひと踏ん張りしたい。
 ――メジャーのキャンプを振り返ってみて。
 非常に充実していた。(打者を)抑える感覚をつかめてきた。これからが楽しみ。「この投球をすれば」ということがインプットされている。
 ――三塁ベースの付近で球審と接触したことは想定外だったか。
 (ベースの)カバーに行く時は、必ずボールを見ながら塁審がどこにいるかを視界の中に入れているが、まさか後ろから(球審が)来るとは思わなかった。(当日は審判3人制で、球審が三塁上の判定をしていたが)そこまで気づかなかった。注意力が足りなかった。
 ――日本のファンに向けて。
 早く復活できるように、頑張る。それだけ。また何か、いいことがあるだろう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.29(Thu) 10:49] スポーツ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ファンの反発や批判!! 

2007年03月29日 ()
<希望枠廃止>ようやく決着 プロ野球界もついに結論出す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000109-mai-spo


 ドラフト問題は、いつも見ていて気分が悪くなる。いつも犠牲者は選手のほうだ。可能性のある若者たちを巻き込まないで欲しいのだ。希望枠を廃止し、新制度の検討に議論を移すらしいが、よくよく検討して欲しい。


3月28日20時18分配信 毎日新聞


 今秋からの「希望入団枠」廃止が28日、ようやく決まった。西武の裏金問題発覚以来、迷走してきたドラフト制度の改革論議。プロ野球界も、アマチュア球界やプロ野球選手会、ファンの反発や批判の声の大きさに屈し、ついに結論を出した。今後はフリーエージェント(FA)制改革と一体化した、新制度の検討に議論は移る。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.29(Thu) 10:33] スポーツ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


TOP | NEXT

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。